ゴルフ飛距離アップしたいのなら骨盤(股関節)の動きを良くしよう!


こんばんは。

この頃、ゴルフの飛距離が落ちてきたので焦っている大石です(笑)

先日、ゴルフ飛距離アップの為に遠方からお越しくださいました。

当店でのゴルフ飛距離アップの為に必要な要素は2つあるとご提案しました。

A 一つはカラダの動きを良くしてから○○○をするとヘッドスピードが上がります!

B もう一つはカラダの動きを良くしてから○○をしてから○○をするともっと上がります!とお答えしました。

女性のお客様にはAをおススメしています。

男性のお客様はBをオススメしています。

今回のお客様は女性ですので前者をオススメしました。

TPIのフィジカルスクリーニングテストをすると4分の1回旋テストにNGが出てしまいました。

角度にすると20度位では無いでしょうか?!

右の方は80度位回っているので上半身主体で打ってるのが良く分かります。

securedownload (3)

 

 

 

 

 

 

 

5分程エクササイズをすると・・・

骨盤の動き(可動域)がかなり上がっています!

手の位置が骨盤なので80度近く動いています。

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

 

ビフォー→アフターは一目瞭然です!

右肩は90度まで来ていますね♪

良くフィニッシュではみぞおちが正面に来るように!とか言われていますが股関節に柔軟性が無いとみぞおちが正面まで行かないですからね(笑)

 

 

securedownload (1)

 

 

 

 

 

このビフォー→アフターをご自身で確認した後に納得して入会していただきました。

私の名言(迷言)?!があります。

今の状態でドライバーを10本購入するよりカラダに投資した後にドライバーを1本、購入した方が10倍の価値がある!

その後に購入した方が絶対良いです!

カラダが変わった後にドライバー買って下さい!

カラダが変わった後にティーチングプロに習いに行って下さい!

全然違いますから♪

ゴルフの飛距離アップにお悩みの方はフィジカルスクリーニングテストだけでも受けに来ることをおススメします。

フィジカルスクリーニングテストしたい方はこちらから

ゴルフボディコースを作りたい方はこちらから

まだ夏に間に合う!短期週中ダイエットしたい方はこちらから